FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
~英語を話すには、どうしたらいいですか?~
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成23年7月28日(木)

ブログ 「英語コーチ!のビジネス英会話ワンポイント・レッスン」
                             
英語コーチ!
短期集中ビジネス英語個人レッスン 法人英語研修は Bayside English
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

~只今、夏のビジネス英会話 お盆・土日も、短期集中猛特訓を実施中です!~

テレカンファレンス、プレゼンテーション、交渉、業務報告、会議準備など
この夏休みに、本気で短期集中のビジネス英語スキルアップするなら!

短期集中 ビジネス英会話
法人ビジネス英会話講師派遣
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネス英語が必要なすべての人達へ。

法人の語学研修、ビジネス英語の講師派遣、講演を行う
ベイサイド・イングリッシュの英語コーチが、
すぐに役立つ、ワンポイント・レッスンをお届けします。


■今日のお題■
[~英語を話すには、どうしたらいいですか?~]



■英語を話すには、どうしたらいいですか?
そのための勉強法は?

現在英語を話せない方から、こんな質問をうけました。

あなたなら、どうお答えになりますか?

・とりあえず話せ!
・海外留学する。
・英語を使わざるをえない状況に追い込む?


■英語を話せない方が、英語をはなすために

すでに話せる人は、ここまでで。

以下、私の回答をご紹介します。

-------------------------------------------------------
○○さん、こんにちは。

大きい問題ですね。
ひとつひとつ、順を追って書いてみます。

まず、話す(会話する)ために必要なことは、
大まか分けると以下の2つとなります。


1)自分の言いたいことを伝える。

  ・自分の言いたいことを表現するための単語を知る。(→語彙力が必要)
  ・自分の言いたいことを、単語を組み合わせ、意味の通る文章にする。
(→文法の習得が必要)

  ・はじめて話す人や仕事などでは、丁寧な言葉を使える。
   (→状況に応じた語彙・表現を知っている)


2)相手の言っていることが聞き取れる。
ネイティブの話すスピードでも、

  ・単語を耳で正しく聞き取れ、意味がわかる。
(→単語を耳で正しく覚えている。判別できる)
  ・群動詞や文法(仮定法や疑問文、命令文etc)なども、聞いて理解できる。
(→語彙・表現、文法を瞬時に使える)

  また、聴きとるための努力をする。
  ・十分理解できなかった時には、相手に尋ねることができる。
  ⇒相手の話をさえぎったり、止めたりできる行動力・経験や慣れ




■では、これらを会話ですぐに、瞬時に使えるためには、
どう勉強すればいいでしょうか?


1.単語や文法を学ぶ
2.正しい発音(単語1つ1つの発音+文章でつながって聞こえる音)の習得
3.多様な表現を知る、会話の内容に応じた幅広い語彙力を身につける
4.学んだことを使いこなす練習をする


1.単語や文法を学ぶ

  自分の話したいことを表すために必要な
  語彙・文法を身につけることが必要です。

  ⇒話したいことは、何か。何のために英語が必要か明確にする。
   
  学習法例:
  日常会話を話すためであれば、日記を英語で書いてみる。
  その時に、英語で表現できない単語・文法があれば、書き出して調べる。

  ビジネスや専門分野であれば、そのトピックや場面に応じた語彙・表現
  を身につける。(聞く・読む・書く・話す)



2.正しい発音の習得
  (単語1つ1つの発音+文章でつながって聞こえる音+聞こえなくなる音を知る)

  耳で正しく相手の言っていることがわからなければ、聞き取れないし、
  自分が正しく発音できなければ、ネイティブには伝わりません。

  語彙を身につける時には、必ず、目と耳の両方で、確認してください。
  それから、使われ方も(文法も)一緒に。

  これのどれかが欠けると、聞き取れない原因になったり、
  自分の話す言葉が正しいかどうか、いつも自信がないと感じることになります。

  学習方法例:
  ・自分で発音する。
  ・ディクテーションする。
   (ラジオやインターネット、テキストのCDなどを使って、
   繰り返し聞いて、すべて書き出す)

  ・自分で単語や文章を音読して、録音し、ネイティブの音源と比べてみる。
   (自分の発音が変であれば、正しく発音できるまで修正する)
  ・日ごろから音読する癖をつける。  



3.多様な表現を知る、会話の内容に応じた幅広い語彙力を身につける

  英語には、いろんな表現があります。
  会話をする状況や立場に応じて、それに相応しい語彙や表現を知ることも必要です。
  また、いろんなことを話すには、多様な語彙力や知識も必要となります。

  学習方法例:
  ・自分の趣味やと得意なことを話したければ、
   それらの英語雑誌や番組を見て、語彙や表現を学ぶ。

  ・時事問題などであれば、英字新聞やインターネットの情報サイトを読む。
  ・なんでも話したければ、なんでも読む。

  ・友達と話すのであれば、友達同士が話している映画や小説、TVなどをみる。
  ・重要なビジネスパートナーと話したければ、同じ場面で使われている英語を探す。
 
  ・日ごろから、英語をたくさん読み、聞き、書き、(一人でも)話す。



4.学んだことを使いこなす練習をする

  実際に話して、書いて、聴いて、考えて、とにかく何度も何度も使う。

  相手の言っていることが半分くらいわかり、
  自分の言いたいことが50%くらい言えるようになってきたら、
  (自分がなんとなく、話せるかなと思ったら)とにかく相手を見つけ会話してみる。

  このとき、わからない時のために、聞きなおす表現を知っておくと少し安心です。
毎回は相手に聞きなおせないかもしれませんが....。

  学習方法例:
  ・ネイティブを見つけたら、声をかけてみる。
  ・困っている外国の方に、英語で声をかける。

  ・海外旅行で、現地の人に英語で話す。
  ・日ごろから、英語で考え、英語で独り言を言ってみる。

  ・言いたいことを、そのまま書いてみる。 
  ・日本人同士でも、英語で話す仲間を見つける。
  


○○さん、いかがでしょうか?
当たり前のことで、○○さんがご存じのことばかりかとも思いましたが、
何か少しでも、お役に立つことがあれば幸いです。

わたしも、上記のことを、いろんな方法で何年も試しながら、
なんとか英語を話せるようになりました。


たとえば、まったく英語が聞き取れなかったころ、
海外に行ったときには、自分の前を通る人に、
同じ質問をして、答えがなんであっても”Thank you.”といって、
また次に来た人に同じ質問をしたり。

ネイティブの話す言葉をできるだけたくさん聴くために。

そして、質問が同じなので、答えもある程度予想できますし、
答えも話し手が違うだけで、同じ場合もあります。
安心して、聴くことができます。


そのころは、自信もなく、英語を使うチャンスもなかったですし、
まだインターネットもそんなに広がっておらず、音源はラジオやCDばかりでしたし。

私は飽きっぽい性格なので、同じことはつまらない。
なので、次から次に、思いつくまま。
面白くて、自分(のそのときの状況)でもできることを試しました。

でも結局やることは、同じ。
日本にいても、語学留学しても、やることは同じ。
その方法や頻度が違うだけでした。

英語を話せるようになるために、ある程度語彙や文法や例文をつめこんだら、

・話すことに慣れる練習
・聴くことに慣れる訓練
・そして、話す(英語で、続けてやり取りをする)ことに挑戦
・自由に、瞬時に使えいるようになるまで。

といった具合に。

---------------------------------------------------------
聴けないから、相手の言っていることが理解できない。
単語や文法を知らないから、またどうやって使うかを知らないから話せない。
ただ、分かったふりをする。そして、苦笑い。

英語をある程度話せる方なら、ご自分なりの
こんなご経験をお持ちだと思います。

そして、自分なりのやり方で、努力し、行動し、積み重ねていく。
なんだかんだ言っても、英語を話せるようになるかどうかは、これだけ。

↓↓↓↓
やっぱり王道はなし、ということで。

*今日の言葉*
"In the confrontation between the stream and the rock,
the stream always wins, not through strength but by perseverance."
-- H. Jackson Brown, Author
 
---------------------------------------------------------------
【編集後記】

ただの方法論で、つまらなかったですね。

もっとドラマチックに。面白い経験談を、とも思ったのですが...。

でも、自分なりに、当たり前のことを

もう一度確認してみたかったので、そのまま書いてみました。


”時間がかかり、面倒くださいことの方が、

やる人とやらない人の差は、大きくなりやすい”


昔は、ビックチャンス。

今は、英語ができて当たり前になってきているところも。

あなたのいるところは、いかがですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~只今、8月の特別レッスン予約受付中!~

ビジネス英語専門レッスン
&英語学習のコンサルティング

英語力UPの最後の砦! ベイサイド・イングリッシュ

ベイサイド・イングリッシュ:
個人専門ビジネス英会話:
http://www.baysideenglish.com/index.html
法人専門ビジネス英会話:http://englishlesson.jp/
英語コーチ!: http://tips.0909english.com/
Bayside English:http://www.baysideenglish.com
世界の経営理念: http://www.webcobo.com/vision/
ツイッター: @baysideenglish

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       【広告掲載のお問い合わせについて】
 
 詳細のお問い合わせにつきましては、
 タイトルに必ず【広告について詳細希望】と記して、下記アドレス
 までご連絡下さい。
 →→ info@baysideenglish.jp
※スパム防止のため、@は半角「@」に変更してお送り下さい。

 折り返し、原則として2営業日以内に、詳細情報をお送りさせて
 いただきます。
                              
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「英語コーチ!のビジネス英会話スクール」

発行責任者: ベイサイド・イングリッシュ
※公式サイトはこちら→ 
href="http://www.baysideenglish.com/index.html">http://www.baysideenglish.com/index.html

登録・解除はこちらから

href="https://editor.mag2.com/pub/magazine/registration/startUnregister.do">https://editor.mag2.com/pub/magazine/reg

istration/startUnregister.do


※広告その他でご案内しているサービス・商品をご利用になられてのトラブル
 等について、当方では一切責任を負いかねますので予め御了承ください。
Copyright (c) 2011 Baysdie EnglishAll rights reserved. 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



スポンサーサイト
【2011/07/28 14:03 】 | スピーキング | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。