FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
英語力UP100の方法その3 ~ビジネス英語の必殺ライティング~
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成20年10月29日

    「英語コーチ!のビジネス英会話ワンポイント・レッスン」
                             
                     英語コーチ!Bayside English
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

~只今、冬季特別レッスン予約受付中!~
~セカンドライフJapan Animeで、無料レッスン実施中!~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネス英語が必要なすべての人達へ。

英語の語学研修、ビジネス英語の講師派遣を行う
ベイサイド・イングリッシュの英語コーチが、
すぐに役立つ、ワンポイント・レッスンをお届けします。


■今日のお題■
[英語力UP100の方法その3 ~必殺ライティング~]



■ライティング
英語を書くことは、脳みそから英語を出す(アウトプットする)
という点では、スピーキングと同じ効果があるのです。

週一回のレッスンで、ネイティブとビジネス英語を学んでいる方でも
それだけでは、外国人との話す経験はつめても、なかなか
英語力は急に上達することは、難しいものです。


英語力 = a集中力×b時間×c質(講師・教材)×dやる気×e継続


上記は、英語力を伸ばすための方程式です。

「c」と「e」と一部の「b」は、レッスンでカバーします。


しかし、残りの「a」と「d」、大部分の「b」は、
あなた次第といってもいいでしょう。



■具体的な方法

では、早速、ビジネスに特化して、でできるだけ
英語力を伸ばしたい方へ、ライティングを使った英語力UP
の方法をお教えしましょう。



1.一日3行、文章を英語で書いて下さい。
  ただし1文は3語以上。

2.題材は、お仕事の目標、英語の目標、
  やりたいこと、趣味、日本の政治・経済状況。

3.どうしても書けない部分があれば、日本語で書いても大丈夫です。


▼レッスンをご利用の場合

a.ノートに書き溜める。レッスン前に、講師が添削します。

b.英語コーチの携帯の留守電に、声で入れる。

c.事務局に、週末にまとめてメールして頂く。

 
*a~cどの方法でもOKです。

*担当の講師、もしくは、英語コーチがが添削致します。

*レッスンでも、書いた文章を話題にして、さらに深く、
 広く語彙・表現(意見・考え方)をディスカッションを通して
 伸ばしていきます。



▼自学自習の場合

a.ノートに書き留める。

b.うまく表現できない語彙・表現を辞書でチェックして、添削。
 インターネットで、同じような表現、例文を調べる。

c.大きな声で音読し、具体的な場面を思い浮かべて、話す。



■スピーキングを上達させる

上達するためには、足りない語彙、文法を補助しながら、
自分が使う英語を、「継続的に、直に直していくこと」が、最も効率的です。

⇒使わない語彙、いらない表現・文法を覚える時間を省きます。

このライティングをレッスンのスピーキング時に使えば、
スピーキングの上達を感じて頂けます。

ビジネスで使う場面に絞り込んで、レッスンで学んだ幅広い語彙・表現や
修正し、身につけた使い方・発音で、そのままビジネスの場で使えば、

十分に準備した上で、日々実践する(=復習)ため、
英語力が上達していくのは、当然といえるかもしれません。



■忙しいからこそ

皆さんお忙しいと思います。

だからこそ、「上達したという実感」を得ること、
「仕事で役に立った」、
「英語ができることで、効率的に仕事ができた」ということを

日々感じて頂くことが、継続して、やる気を保つためにも
とても、大切だと思います。

ただ単に、自己紹介や英語学校から与えられたテキストを
やるだけでは、なかなか、その実感を得ることは、難しいものです。


自分は、仕事でどのような英語を話しているのか、
将来的にどのような役割で、英語を使うのか、しっかりと考えて
英語学校や担当の講師に、相談することが、上達のためには
絶対不可欠です。


お忙しいからこそ、ぜひ
費用も時間も、効果的に使ってください。


------------------------------------------------
■編集後記

この金融危機で、生徒さんの会社が、海外の証券会社を買収したり、
保険会社の一部を取り込もうとしたりと、めまぐるしい動きが
起こっています。

どちらにしても、これからさらに重要な役割を果たす方々なので
英語を話すことは当然。

どうのように英語を話すか、どのような立場で、何を伝えるのか、
「英語+中身」の組み合わせが、
さらに強く求められるようになってきました。

ホワイトカラーも、代替可能なパーツとなってきた感があります。

役員・役職つきの方、平社員、みなさんこんな時代だからこそ、
「人間を磨く」ことが大切になってきているのではないでしょうか。

その点では、なかなか面白い時代になってきたと思いませんか^^。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~只今、冬季特別レッスン予約受付中!~
        &
~セカンドライフで、無料レッスン実施中!~
(Japan AnimeのBaysdie English弊社オフィス内)


ビジネス英語専門レッスン
&英語学習のコンサルティング

英語力UPの最後の砦! ベイサイド・イングリッシュ

ベイサイド・イングリッシュ: http://www.baysideenglish.com/index.html
英語コーチ!: http://tips.0909english.com/
Bayside English:http://www.baysideenglish.com
世界の経営理念: http://www.webcobo.com/vision/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       【広告掲載のお問い合わせについて】
 
 詳細のお問い合わせにつきましては、
 タイトルに必ず【広告について詳細希望】と記して、下記アドレス
 までご連絡下さい。
 →→ info@baysideenglish.jp
※スパム防止のため、@は半角「@」に変更してお送り下さい。

 折り返し、原則として2営業日以内に、詳細情報をお送りさせて
 いただきます。
                              
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「英語コーチ!のビジネス英会話スクール」

発行責任者: ベイサイド・イングリッシュ
※公式サイトはこちら→ http://www.baysideenglish.com/index.html
登録・解除はこちらから
https://editor.mag2.com/pub/magazine/registration/startUnregister.do

※広告その他でご案内しているサービス・商品をご利用になられてのトラブル
 等について、当方では一切責任を負いかねますので予め御了承ください。
Copyright (c) 2008 Baysdie English. All rights reserved. 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
【2008/10/30 11:25 】 | 英語力を絶対伸ばす100の方法 | コメント(0) | トラックバック(0)
ビジネス英語に必須なものとは?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成20年10月25日

メルマガ 「英語コーチ!のビジネス英会話ワンポイント・レッスン」
                             
                     英語コーチ!Bayside English
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

~只今、冬休み特別レッスン予約受付中!~
~セカンドライフJapan Animeで、無料レッスン実施中!~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネス英語が必要なすべての人達へ。

英語の語学研修、ビジネス英語の講師派遣を行う
ベイサイド・イングリッシュの英語コーチが、
すぐに役立つ、ワンポイント・レッスンをお届けします。


■今日のお題■
ビジネス英語に必須なものとは?



最も大切なポイントは、「正しい情報を得ること」と

「正しい情報を伝えること」です。


電話でも、会議でも、時間はかかっても問題ありません。

お互いが、ビジネスを行うために必要な情報を、

しっかり交換できることは、とても重要です。


特に電話では、ネイティブでも聴きづらいことは多々あります。

”必ず、確かめる”ことを、恐れずに。

レッスンでも、常に心掛けていただればと思います。


例:
・「50(フィフティ)」か、「15(フィフティーン)」か
聞き取れなかったとき、

”You mean five zero or one five? ”とチェックする。


・名前は、スペルを尋ねる。
”Could you spell your name?”

・確認する。”Let me confirm.” ”I will repeat.”


こちらがきちんと確認し、正しく伝わったことが分かれば

相手も安心して、満足してくれます。


焦ることなく、リラックスして、

しっかり確認する(To double-check)ことです。


”Don't panic ! Just relax.”

”Don't hang up quickly ! ”

”Check everything !”



■宿題

語彙力UP宿題のライティングを使って、

レッスンで学んだ新しい語彙や表現をすぐにご自分で書き、

文章で使うことで、本当に理解し、

使いこなすレベルまで引き上げることができます。


常に、「新しく学んだ語彙」を「知っている語彙」のレベルへ。

そして、「知っている語彙」を「自由に使える語彙」のレベルへ

上げていくことがスピーキングやリスニングを

上達するためには、不可欠です。




*今日の言葉*
"If you do what you've always done,
you'll get what you've always gotten."
-- Anthony Robbins, Motivational Speaker


訳:「いつもやってきた事と同じことをやれば、
    いつも手にしてきたものと同じものしか手に入らない」

-----
■編集後記

昨夜は、生徒さんから英語のアドバイスへのリクエストと頂きました。

いつも、レッスンに参加するたびに、私自身、多くの学びがあります。

やる気に満ちた皆さんにお会いするのは、いつも楽しみですし、
とてもありがたいことです。

読者の皆さん、生徒の皆さん、また宜しくお願い致します!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~只今、冬休み特別レッスン予約受付中!~
        &
~セカンドライフで、無料レッスン実施中!~
(Japan AnimeのBaysdie English弊社オフィス内)


ビジネス英語専門レッスン
&英語学習のコンサルティング

英語力UPの最後の砦! ベイサイド・イングリッシュ

ベイサイド・イングリッシュ: http://www.baysideenglish.com/index.html
英語コーチ!: http://tips.0909english.com/
Bayside English:http://www.baysideenglish.com
世界の経営理念: http://www.webcobo.com/vision/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       【広告掲載のお問い合わせについて】
 
 詳細のお問い合わせにつきましては、
 タイトルに必ず【広告について詳細希望】と記して、下記アドレス
 までご連絡下さい。
 →→ info@baysideenglish.jp
※スパム防止のため、@は半角「@」に変更してお送り下さい。

 折り返し、原則として2営業日以内に、詳細情報をお送りさせて
 いただきます。
                              
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ「英語コーチ!のビジネス英会話スクール」

発行責任者: ベイサイド・イングリッシュ
※公式サイトはこちら→ http://www.baysideenglish.com/index.html
登録・解除はこちらから
→ https://editor.mag2.com/pub/magazine/registration/startUnregister.do

※広告その他でご案内しているサービス・商品をご利用になられてのトラブル
 等について、当方では一切責任を負いかねますので予め御了承ください。
Copyright (c) 2007 Baysdie English. All rights reserved. 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2008/10/26 00:08 】 | 英語力を絶対伸ばす100の方法 | コメント(0) | トラックバック(0)
効果抜群!ビジネス英語のリスニング改善法とスピーキング改善法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネス英語が必要なすべての人達へ。

英語の語学研修、ビジネス英語の講師派遣を行う
ベイサイド・イングリッシュの英語コーチが、
すぐに役立つ、ワンポイント・レッスンをお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今日のお題■
[英語のリスニングとスピーキングが弱い人へ 
~効果抜群!リスニング改善法とスピーキング改善法~]


■リスニング
高いリスニング力を身につけるためには、以下の4つの能力が必要です。

a.正確に音を聞き取る能力

b.音を聞き取り、どの単語を発音しているか聞き分ける能力

c.文章の意味をとる能力・・・基本的な文法を学ぶ

d.長文を聞いて理解し、内容を保持する能力


上記のc以外は、ディクテーションで身につけることができます。
(dictation・・・口述記述。英語を聴いて、文章を書き留めること)


■方法

短い文章で結構です。

繰り返し聴いて、冠詞のa, an, the、
前置詞のin, to, atなどの細かい部分まで、
全部書き出せるまで、何度でも挑戦します。

これを通じて、自分がどの音が苦手か、聴き間違える傾向が分かってきます。

それが分かると、逆に苦手なところの意味が予想できるようになります。

また、間違いなく全部書き出せるようになると、
リスニングのレベルが、ぐっと上がります。



■スピーキング

ネイティブと話すことだけが、
唯一、スピーキングを向上させる方法だと、勘違いしていませんか?


講師と話すだけでなく、スピーキングの練習はできます。

自分の仕事の状況、今いる位置、考え、感情など、独り言で言うのです。

一日に、30秒×5回。
一週間に一度、英語のレッスンを行っている方なら、
レッスンまでの6日間を続ければ、明らかにスピーキングを改善されます。

お忙しくて、英語を話すまとまった時間が取れないときに、
このような30秒、1分のちょっとした時間を、
意識して有効に使っていただければと思います。


例えば、朝食、通勤の時間、
お仕事の合間の一息ついたとき、
トイレ、昼食、夕食、お風呂に入っているとき。


最初は10秒、一文から。ぜひ習慣化して下さい。
1ヶ月続けただけでも、効果をはっきりと感じて頂けます。
(ただし、楽しんで習慣化するために、ご自分で工夫が必要です。)


「忙しい!?」


どんなに忙しい人でも、10秒の時間を取れない人はいないでしょう。


本気で、ビジネスで英語が必要な方なら、
「今すぐ」、これを読んだ瞬間から、「英語で独り言」始めてください。




*今日の言葉*
"If you do what you've always done,
you'll get what you've always gotten."
-- Anthony Robbins, Motivational Speaker

訳:「いつもやってきた事と同じことをやれば、
    いつも手にしてきたものと同じものしか手に入らない」
  アンソニー・ロビンス(自己啓発コーチ)


------------------------------------------------
■編集後記

最近は、いいお天気がつづきますね。

先週の日曜日は、ホットドックを作って

妻とピクニックに行ってきました。

あまりの気持ちよさに、片道3時間歩き続けて..

帰りは、電車にしました^^。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~只今、秋の特別レッスン予約受付中!~
        &
~セカンドライフで、無料レッスン実施中!~
(Japan AnimeのBaysdie English弊社オフィス内)


ビジネス英語専門レッスン
&英語学習のコンサルティング

英語力UPの最後の砦! ベイサイド・イングリッシュ

ベイサイド・イングリッシュ: http://www.baysideenglish.com/index.html
英語コーチ!: http://tips.0909english.com/
Bayside English:http://www.baysideenglish.com
世界の経営理念: http://www.webcobo.com/vision/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       【広告掲載のお問い合わせについて】
 
 詳細のお問い合わせにつきましては、
 タイトルに必ず【広告について詳細希望】と記して、下記アドレス
 までご連絡下さい。
 →→ info@baysideenglish.jp
※スパム防止のため、@は半角「@」に変更してお送り下さい。

 折り返し、原則として2営業日以内に、詳細情報をお送りさせて
 いただきます。
                              
【2008/10/22 00:53 】 | 英語力を絶対伸ばす100の方法 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。